ホーム生産者情報公開| 干帆立貝柱 生産者情報

生産者情報 千葉県

北海道は「ほたて」の漁獲量日本一です。 帆立漁業の最盛期は6月から9月末になります。
北海道の海でゆっくりと年月をかけて育った「ほたて」は、旨みの素、グリコーゲンがたっぷり。

菅井物産地図    

「干帆立貝柱づくりへの想い・こだわりを教えて下さい」
原料である「ほたて」は、水揚げされた年や季節によってサイズが異なります。その変動に影響されることなく、常に安定した品質の干帆立貝柱がつくれるよう心がけています。
特に、最初の工程である“一番炊き” では、獲れた「ほたて」の大きさと投入量により炊く時間を調整します。
炊き方が悪いと次工程だけではなく、最終製品の品質に大きな影響を及ぼします。
また、仕上げの工程では“あんじょう”と“乾燥”の工程を繰り返し、じっくりと時間をかけて、帆立貝柱の水分を調整して味や色を安定させていきます。
たゆまぬ努力により最高の品質の干帆立貝柱をつくり上げています。

「お客様へのメッセージ」
常呂の「ほたて」と「名前」が全国にでることを嬉しく思っています。北海道から自信をもって提供している「ほたて」を、シウマイとして横浜をはじめ、多くの人たちに食べてもらいたいと思っています。

(2008年9月 取材)

 
     
  常呂漁協
貝柱加工担当者 斎藤次長
 
   

▲ページの先頭へ戻る