崎陽軒 採用情報サイト

ワークスタイル WORK STYLE

責任ある仕事を任せてもらえることに、
大きなやりがいを実感しています。

横浜事業本部 営業管理課
メンバー

「初心忘るべからず」をモットーに、仕事に取り組む

MY JOB

入社後は約5ヶ月間、各部署で研修を行い、9月から横浜事業本部営業管理課に所属しています。各店舗の売上集計作業をメインに、社内外からの電話対応、店舗・外商課で使用する飲料や用度品の仕入れなど、営業のサポート業務を担当しています。一つひとつの作業を正確かつスピーディーに行うことが当面の目標です。わからないことや疑問点は先輩・上司にどんどん聞いて、知識やノウハウを習得していきたいです。「初心忘るべからず」をモットーに、常に学ぶ姿勢を忘れず仕事に取り組んでいきたいと思っています。

発注が上手くいった時の達成感は、この上ない

INTEREST

飲料や資材の仕入額は月額数百万にも及びます。欠品はもちろん過剰在庫にならないよう、適正な価格・数量でいかに発注するか、経験の浅い私にとってはこの見極めが非常に難しく最も苦労するところですし、責任の重さを痛感しています。しかし苦労が多い分、発注が上手くいった時の達成感はこの上ないものがあります。崎陽軒という誰もが知っている会社で働けることの喜び、その会社で責任ある仕事を任せてもらえていることに、大きなやりがいを実感しています。

社内外から信頼され、必要とされる人間になりたい

FUTURE

就職活動をする時、「人が必要とする仕事に就きたい」と考えていました。食は人が必ず必要とするものです。それが食品業界を選んだ理由でした。その中で崎陽軒に入社を決めたのは、地元が横浜の近くで身近な存在であり、他社に比べ親しみやすさを感じたからです。 今後の目標としては、崎陽軒の中で社内外から信頼され、必要とされる人間になることです。そのためには経験を積み重ね、一日でも早く先輩社員のレベルに追いつけるよう努力していきたいと思っています。

一日のスケジュール

13:00
出社後、JR新横浜駅における東海道線新幹線への弁当積み込み業務を行うための必要事項をチェック・確認。特に団体のお客様の御予約は、数が多いのはもちろん御注文の内容が複雑なこともあるので入念にチェック。
15:00
営業部内全店舗の前日分、製品カテゴリー別売上高の整理業務を行う。各エリアの営業担当者が売上動向分析を行う元データとなるのでミスがないよう一つひとつ確認しながら行う。
17:00
営業部内のすべての部署にて使用された多岐にわたる営業経費の領収書を項目別に分類し、金額、用途などを細部までチェック。同時に各店舗より全国各地のお客様へ商品を発送するために使用した宅配便伝票の集計・チェックを行う。
19:00
各店舗にて販売をする飲料類、また店舗で使用する備品類の必要数と在庫を確認・把握したのちに取引先業者に発注を行う。曜日・気候・店舗周辺にて開催されるイベントや催事の開催状況等にも十分配慮をする。続いて、店舗巡回中の営業担当者から弁当の受発注に関する問合せの電話が入り応対、現況を相互確認し、必要な情報を共有する。
20:00
各店舗から当日の売上報告が専用端末を通して続々と入り始める。小さなミスが取り返しのつかない事故に繋がることもあるので、神経を集中し正確に確認業務を行っていく。不明確な点に関しては、必ず店舗に連絡を入れ直接確認をする。
22:00
本日最後の店舗売上確認業務を行う。間違いないか再度、全店舗の確認を行い、翌日の担当者への引継事項の整理と明日の業務確認をして退社。
  • プライベート少年時代野球をやっていたこともあり、休日はもっぱら野球観戦やスポーツ観戦を楽しんでいます。あとはのんびりドライブをするなど、気分転換を図っています。
  • メッセージ就職活動は自分の納得するまでやりきってください。将来、必ずみなさんの財産になると思います。また学生時代は、自分の時間を多く持てる最後のチャンス。悔いの残らないよう有意義に過ごしてください。