ホーム崎陽軒の歩み| 明治41年(創業)から昭和20年
1908年
(明治41年)
横浜駅(現在の桜木町駅)構内の営業許可を受け、創業
4代目横浜駅長であった久保久行は、定年退職後、知人であった高橋善一(後の東京駅長)の薦めで横浜駅構内営業の許可を妻久保コトの名で得た。
1915年
(大正4年)
横浜駅が平沼材木町に移転し、匿名組合崎陽軒と改組。支配人に野並茂吉が就任。
1923年
(大正12年)
匿名組合を解散し、合名会社崎陽軒を設立
(資本金20万円、代表社員:野並茂吉)
1928年
(昭和3年)
横浜名物崎陽軒のシウマイを独自開発・販売開始
中華街の突き出しとして出されていたシウマイに注目。点心の専門家「呉遇孫(ご ぐうそん)」を招聘し、試行錯誤を経ての発売だった。
1941年
(昭和16年)
横浜駅前支店を改組し、株式会社崎陽軒食堂を設立(取締役社長・野並茂吉)

▲ページの先頭へ戻る