崎陽軒横浜のおいしさを、
創りつづける。

スクロール

生まれ育った横浜の地で
「名物・名所の創造」に
挑み続けます

1908年(明治41年)の創業以来、横浜のおいしさを創りつづける崎陽軒。

豚肉と干帆立貝柱の風味豊かな「シウマイ」、“冷めてもおいしい”へのこだわりが詰まった「シウマイ弁当」、
日本人の味覚に合わせた「横濱月餅」や「中華まん」など、横浜の味を取り揃えております。

また、レストラン事業も横浜市内を中心に展開し、世界の文化を広く受け入れてきた横浜らしく、
伝統的な各国料理を継承しながら「地産地消」にこだわった、
オリジナリティー溢れる料理を提供しています。

昔ながらのシウマイ

昔ながらのシウマイ

「横浜の名物をつくろう」との想いから生まれた、崎陽軒のシウマイ。1928年(昭和3年)の発売以来、変わらぬレシピで変わらぬおいしさをお届けします。
国産の豚肉と、オホーツク産の干帆立貝柱が出逢って生まれた豊かな風味が特長の、冷めてもおいしい、一口サイズのシウマイです。

詳しく見る
シウマイ弁当

シウマイ弁当

1954年(昭和29年)、「横浜ならではの駅弁をつくりたい」という思いから、シウマイの妹分として登場。
崎陽軒の“冷めてもおいしい”へのこだわりが詰まったこのお弁当は、発売以来多くの方に親しまれ、近年はその食べ方の流儀も話題になっています。

詳しく見る